今年初の寒波到来で、高速道の停滞回復が長期化したり・・・。

雪による被害が、大きいようです。

気温が最低1度で、高いときで7℃まで上昇しました。

昨日と比べると、大きな違いですね。

しかし明日からの状況を見ると、とても寒そうでメダカたちは大丈夫かなと心配になります。

気温はちょっと上昇しましたが、メダカ水槽も水温が3.5℃と低い状態でした。

メダカたちにとっては、急に苦難が訪れたという感じでしょうか。

sponsord link



今週に入ってからの寒気団は、まだまだ停滞するようです。

特に明日からの冷え込みは、メダカたちにとっては試練になりそうです。

私にとっても、この蓋の仕方について試されていますね。

 

降雪のない時間があったので、いくつかのメダカの水槽内をソッと眺めてみました。

静かに底の方で泳いでいるのを見ることが出来ましたが、飼育水の冷たさに耐えているようで可哀想ですね。

3槽しか見ていませんが、★になったメダカもいなかったのでホッとしました。

オロチメダカの水槽も見ましたが、撮影をしていませんでした。

気温・水温はとても低いので、できるだけソッと蓋を開けて眺めています。

大きな動きは見られないのですが、中にはツンツン(一瞬の移動)と動くメダカもいます。

できるだけ刺激を与えないようにと気配りしているのですが、蓋を開ける行為そのものが刺激なんですね。

かといって、様子を見ないことには心配ですから・・・。

 

こうした波板の設置で、今後の防寒になればいいのですが。

以前から述べていますが、1~2月が降雪が多く寒さも厳しいのです。

そうした状態に、波板の防寒が通用するかが問題で、無理であれば手動で蓋の開け閉めが必要かなと思っています。

他の飼育作業があまりないのですから、そうした防寒に要する作業を頑張らないとね。

 

そうそう、話は変わりますが・・・。

屋根に積もった雪が、このブログを書いている最中に落ちてきました。

水槽の上はバルコニーになっているので、そこに落雪が少し当たって少し離れたところに落ちました。

見たところ、被害は全くなく安心した次第です。

心配なのは、降雪が多くて落雪も頻繁であれば、水槽側にも影響があるのではと思っています。

上の写真の、真ん中に落雪がありました。

数年前には降雪が多くて、真ん中の部分が山盛りになったことがあります。

そのときの状況であれば、水槽に被害が出るかもしれません。

そうして考えていたのですが、テレビを見ている妻にそのときのことを話すと、「大丈夫だったよ}っていともアッサリ・・・。

もしそうなら、掃き出し窓が壊れるから!

叱られました。