来週から冬型の気候になるということで、冬用の準備を急ぎました。

今日は日照もあったのですが、水温は10℃をやや越えたくらいでしたね。

先日から、夜間には発泡スチロール水槽に、蓋を被せていました。

来週初めには気温が低くなり、冬型の天候になるとのことです。

そのためにも、水槽の環境は、しっかり対応させなければいけないと思っています。

sponsord link



冬場の水槽管理として、毎日夜間に蓋をかけるということは、とても手間がかかります。

以前から話をしていましたが、水槽にポリカーボネイトの波板をかけることです。

こうすることによって、日中もそのままの状態で管理できますね。

初めてのことなので、来週の寒波対応については不安もあるのですが・・・。

 

ポリカーボネイトのサイズは、購入前に各水槽の大きさを計測してホームセンターに行きました。

そこで販売されていた波状のポリカーボネイトは、幅が全て同じで厚さも同一のものでした。

長さには、それぞれいくつかの種類があるのですが、選択するのに困りました。

自分の所有する水槽(3種類の大きさ)に、合わせなければいけませんから・・・。

 

切断については、もっと困りました。

波に沿っての切断は出来ないとのことでしたので、とても驚き(想定外)、サイズ合わせにとても苦労しました。

店内で、何度も計算をして購入に至りました。

なにしろ一度加工してもらうと、サイズが合わなければ全てが無駄になりますからね。

 

とにかく計算を繰り返したあげく、切断してもらうことにしました。

家に帰り、水槽に合わせるまではズーッと不安でした。

自由なサイズに出来ると考えて、購入しに行ったものですから(涙)。

 

水槽にサイズを合わせるまでは緊張していたのですが、何とか満足のいく状態だったのでホッとしました。

無駄にすることが多い(やってしまえっ、て、感じですね)ので、今回もそうだったらどうしようと思いながらの帰宅だったんです。

 

ポリカーボネイトの切断方法については、いろいろネットでも見受けられます。

綺麗に仕上げるためには、労力やテクニックが必要なので、お店での切断となりました。

 

サイズ的には、十分防寒できる大きさになっています。

店頭内での計算に時間を要したわけですが、かけた分だけ報われた(大袈裟ですね)感じで、嬉しい限りです。

波板の上にワイヤーネットをかけて、暴風にも役立つようにしてみました。

 

今まで(昨年も)は、先ほども書きましたが、夜間に蓋をかけるという操作でした。

今年の冬は、先ほどから述べている状況で臨むわけです。

波板による防寒ですから、来る寒波(あるいは、今冬において)には果たしてどれだけの効果があるのか不安があります。

メダカたちには、無理をさせることになるわけで申し分けないと感じています。

 

まずは迫る寒波に、しっかり対応できているかを見極める必要がありますね。

水温を確かめるとともに、メダカの様子を見ることが大切と思っています。