薬品でもニゴリが取れず、メダカ水槽の飼育水を少し入れ替え。

2 min 2 views

shinpei

梅雨に入ったといいながら、今日は夏日で28℃の気温です。

水温は8:00過ぎで、20℃くらいですからメダカには少し低い感じがしますが、その後上昇しています。

明日も晴れ予想ですが、気温は若干下がるようですね。

もちろん、陽が照るにつれ上昇するのは今日と同様です(真夏日で無いとはいえ、夏日は辛いです)。

 

昨日の投稿で、屋外の烏城三色メダカの水槽に麦飯石溶液を入れて、ニゴリを取ろうということを書きました。

一晩では時間が少なかったかも知れないのですが、ニゴリは変わっていませんでした。

ご覧のような状況で残念な状況ですが、もう少し日数をかければよかったのかも知れませね。

焦りがあったのかも知れませんが、隣の綺麗な飼育水を見ると思わず慌ててしまいます。

 

そうした焦りの気持ちも手伝い、底砂周辺からの水替えを行いました。

水量にすれば1/3くらいですが・・・。

 

写真のポンプを使い、底砂周辺の飼育水を吸い上げるんです。

飼育水の表面だけでは、濁りは取れにくいと考えたからです。

 使用したポンプです。

果たして隣の水槽のように、透きとおってくれるでしょうか。

このあと、廃棄した飼育水の分だけ新しく追加し、ニゴリ取りという薬剤を投与しました。

水草のアナカリスが入っているので、ちょっと心配なのですが思い切って使ってみました。

異常が無ければいいのですが・・・。

 

話題は変わりますが、玄関先で飼育していた紅薊メダカですが、先日新しい水槽に移動しました。

(新水槽で、元気に泳ぎ回っていますので、嬉しいですね。)

その移動したので片付けようとしていた水槽なんですが、ミナミヌマエビが入っています。

また飼育水の浸み出しをしないように、ガラス水槽を中に入れて2重構造にしています。

ガラス水槽を取り出し、水浸みをしないよう処理をして再利用するつもりなもで、しばらくメダカを移動してからそのままにしていました。

 

中にはミナミヌマエビが入っていることもあり、飼育水の追加をしようと思ったのですが、、水面を見てびっくりしました。

針子が泳いでいるではありませんか。

片付けようとしてから、つい時間が経ってしまったこともあったのですが、子どもが生まれることまでは考えていませんでしたね。

今日、発見したのは3匹でした。

採卵を考えていない品種ですが、針子が生まれたからには、もうしばらくこのままで様子を見ることになります。

片付けが後回しになりますが、嬉しい誤算です。

 

sponsord link





写真はありませんが、なかなか産卵してくれなかったオロチメダカですが、たった一粒なのですが産卵床に卵を産み付けていました。

以前にも書きましたが、産卵床に1粒だけ卵が付いているのは不自然ということを書きました。

うまく産卵床に産み付けられず、1個以外は底に落ちたのでしょう。

残念ですが、どうしようもないので、今後は上手に産み付けてくれることを期待したいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)