新しいメダカの水槽、水漏れ対策・・・第2段階ですね。

2 min 2 views

shinpei

今日は、とても春めいたというか暑いくらいの天候でした。

水温は結構上昇し、玄関先のメダカたちは水面を元気に泳ぎ回っていました。

何しろ、昼の気温で20℃を少し超えていたんですから。

 

第2段階と表題に書きましたが、第1段階は水槽内の底砂を入れ空気穴を防ごうとしたことですね。

 

明日はあまり天候がよくない予報でしたので、先日から考えていた新発泡スチロール水槽ですがちょっと手入れをしました。

といっても、今日は今までの水を抜き内側に塗装をしようと、その準備をしたんです。

まずは、水槽内の水の排除から行い、水槽内を綺麗にすることから始めました。

 

これだけの容量の発泡スチロール水槽は、簡単に水を捨てることができない(傾けようと力を入れると歪んでしまうんです)ません。

まずは小さな容器で何度かすくい取り、軽くしてから底砂がこぼれないところまで傾けて捨てました。

最後は、小さなシャベルで底砂を取り出しました。

 

底砂は、小さな容器に2杯分はいっていました。

ここしばらく、勢いよく水を入れて細かな砂の粒子を舞い上がらせる作業を数回繰り返しました。

その甲斐あってか、水の減る量が少なくなってきましたが、少ないというだけでジワジワ減ります。

蒸発によって減るのであれば当然の状況ですが、洩れて減るのは気持ち的に我慢が出来ないところがあります。

それなりに水の継ぎ足しを行えば良いのかも知れませんが、きちんとした形の水槽にしたいと思ってしまいます。

 

最後の水の中には、細かな土の粉が残っています。

庭の片隅に捨てました。

最後は、綺麗に洗って終了です。

どうですか?

購入したてのように、綺麗になりました。

ただ、小さな穴には土の粒子が詰まっていると同時に、水分もあると思います。

しばらく、このまま放置し乾燥させたいと思っています。

 

どれくらいの期間乾燥させれば良いのかわからないのですが、そこは適当に考えて塗料が準備できたら塗装開始です。

スプレー式の塗料ではなく、今度は刷毛で塗ろうと考えています(費用を安くあげたいし)。

今回は、2つ目の塗料を使って水漏れ防止対策の水槽になります。

これがうまくいけば、今後もこの調子で水槽を増やそうと考えています。

1槽は塗装によってうまく稼働していますから、この調子でいけば大丈夫なはずなんです。

前回の水槽に塗装する際には、新しいときにすぐ塗装したんですが、水漏れと塗料の影響が無いか心配だったんです。

ついつい、余計に塗料を使った感じですね。

 

今回は、水槽の水漏れにあまりお金をかけたくない(時間はかかるのですが)のです。

いろいろ考えました。

・ 水槽内にナイロンを敷く。

・ 直そうと思っていますが、発泡スチロールの中にガラス水槽を入れる(これは今やっていますが、無駄なスペースが多く80Lの意味が無い)。

・ 塗装しようと考えている前は、底砂の微粒子で水漏れを防ごうとした。

でも、最終的には前に成功した塗装するのが一番良いようです。

 

しばらく様子を見るのが良いでしょうね。

sponsord link





今日の蓋を閉めるときの水温ですが、遅い時間(17:20頃)なのに結構ありました。

陽も陰ってきていたので、両方(玄関先・軒下水槽)とも12℃ほどでした。

明日はちょっと気温が低くなるそうなのですが、次はまた徐々に上昇してより温かくなるようです。

春、到来ですね。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)