昨日は、連休中ぐずついていた天候が一変して、とても良い天気で気温も23℃にもなりました。
 水槽の温度は、陽当たり水槽で26℃になり、軒下はやや低く20℃でした。


 ブログ更新をするつもりが、まだ連休の疲れがとれなくて早めに寝てしまい、再三の反省をしています。
 今日の投稿内容は一日遅れになりますが、昨日の午後に行った内容で、パイロットフィッシュを元の水槽に戻したことを書いています。

 以前から述べていますが、メダカ水槽の整理を行うことを考えています。
 特に、玄関先の水槽をなくしたいと考えているのは、以前にも書きました。
 玄関先にあるオロチメダかの水槽を、軒下の奥の方に移動するつもりでいます。

 そのために、オロチメダカをひとまず今までテストパイロットがいた水槽に移動させるつもりです。
 オロチメダカを移動させる前に、テストパイロットとして頑張ってくれた黄金黒燐ヒカリメダカを元の水槽に移動させました。
 メダカのいなくなった水槽ですが、近々そこにオロチメダカを移動したいと考えています。

やや緑っぽいのですが、グリーンウォーター化についてはあきらめ気持ちです。

 
 メダカの移動に関しては、いつも行っているとおりの要領です。
 特にあらためてブログに投稿する必要もないと思ったのですが、とりあえず自分の飼育記録として書いておこうと思った次第です。

 移動には小さな容器(タッパ)を利用しましたが、陽当たりでの移動でしたので水温上昇に気を使いました。
 容器に直射日光が当たると水温が上がりすぎるので、水槽の陰に隠し少しだけ陽を当てています。
 

少しだけ、陽が当たるようにしています。

 完全に日陰にするのもよくないと思い気を使ったのですが、結構面倒な作業になりました。
 陽射しの方向に合わせタッパを移動させ、急激な温度変化が無いように気を使ったんです(煮魚になったらと思うと、心配で)。
 最終的には、日光が西に傾いたので、そうした苦労はしなかったのですが・・・。

結構ゴミがありますね。先日の強風時に入ったものです。
元気に泳いでいます。

 何とか陽が落ちる前に、移動が完了しました。
 昨年夏前に生まれた黄金黒燐ヒカリメダカですが、とても元気に泳いでいたので嬉しかったですね。
 もといた水槽に戻したのですが、仲間が多くいるのできっと喜んでいるでしょう(勝手に思っています:笑)