グリーンウォーターになった、オロチメダカ水槽のリセット予定。

 昨日の投稿で、濁り(結局はグリーンウォーター化)があった飼育水に活性炭を入れて凌ぐことを述べました。
 一晩考えててみたんですが、好きなオロチメダカが鑑賞できないことは意味がないと思ったんです(底まで眺めることができないのは、私にはショックです)。
 そして、度々飼育水を交換してやる手間が大変だと考え、思い切ってリセットに踏み切ろうと決断するに至ったんです。

 ただリセットを行っても、今と同様にグリーンウォーター化するかも知れないのですが・・・。
 その場合は諦めが必要だと思っていて、昨日の投稿どおり、飼育水の部分交換でやり過ごすつもりでいます。

 テストパイロットを投入し、その飼育水作りをしているのですが、そちらの方も少し緑色がかってきたことを書きました。
 それでは意味がないなと考え、予備のプラスチック水槽があるので、そちらでも新しく飼育水作りを行いたいと思い準備しました。
 今日からの新しい飼育水作りになるわけですから、再度4週間ほど時間がかかるわけです(長いなぁ)。
 でも、メダカ飼育にとって(と言うより、飼育者の拘り?)は、透きとおった飼育水でなくては満足しないのです。 

 オロチメダかの水槽がグリーンウォーターと思われる(アクアショップでも相談したので、間違いないかと)ので、新しく水作りをした水槽(上の右下水槽の写真)が仕上がるまで待つことにしようと思います。
 でも、約一ヶ月は遠いなぁ・・・。

 そうそう、もしかしたら底砂に使用した「硬質赤玉土」の影響もあるかと思い比べてみました。
 袋が違うので、同じ硬質赤玉土でも違うのかなと考えたわけです。
 並べて撮影したものを見てわかったのですが、メーカはもちろん同じで書いてある文章も全て一緒でしたし、中に入っている土も変わらない形状のものでした。

袋だけの違いですね。

 ということは、薄く緑色に変わった(グリーンウォーター化)は、底砂の影響ではなかったということですね。
 購入した店が違ったので、違う商品だと勘違いしていました(新旧の違い?)。

 昨日、オロチメダカ水槽に活性炭を投入したのでしばらく様子を見たいので、その間の水作りと考えれば短気な私も我慢できそうです。
 リセットするオロチメダカ水槽に投入するつもりだったMIXメダカですが、今日、新しく水作りを始めた水槽には透明な飼育水からパイロットフィッシュを選ぶつもりです。
 少しでも濁りの原因がわかればと思い、一つずつ疑問を潰すつもりです。

 途中やや気温が低くなりますが、暖かい日が続く毎日です。
 忙しくなりそうですが、体にむち打って頑張らなくっちゃ。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる