メダカ水槽。全日陽当たりと短時間では水温差が想像以上に大きい。

今朝の早い時間は、かなり冷え込みがあったものの、一日中陽が射していました。
ただ気温はそれほど上昇せず、最高気温は12℃と低い状況でしたね。

 玄関先の陽が当たる水槽は、昼頃で18℃と高くなり(水温の上がりはじめが遅いのは、ちょっと残念なのですが)メダカの動きも活発です。
 軒下の水槽は、太陽が冬のときより少し上を通るため、陽当たり時間が短くなってきているようですね。
 12:30頃には陽が当たらなくなり、水温を測ったのは13:00頃ですが、9℃にしかなりませんでした(ですから、給餌は無しです)。

 玄関先の水槽においても、今までは陽射しは早くから当たっているのですが、9:30頃でもまだ陽が射していません。

日陰の状態です。

 春分の日(朝と昼の時間の長さが同じ日ですね)って、玄関の水槽に陽が当たるのが遅いことを知りました(笑)。
 11:30には玄関先はもちろん、軒下にも全て陽が射しています。
 軒下の水槽は、今までは手前から奥へと順に陽が射していたのですが、これからは夏に向かって(太陽が天頂に近づくに従って)一気に陽が射しそうです。

奥まで陽が差し込んでいますが・・・。

 まだまだ朝晩の気温が低いので、早く高くなって欲しいと願っているのですが・・・。
 これだけは、願っても決まりもの(多少の差は、その年によって違うけれど)ですからね。

 こうして屋外でメダカを飼育していると、いろいろな「気付き」に出会えます。
 今までは基本的に屋外での飼育がメインでしたが、ガラス水槽を1槽だけ玄関内に置いていましたから、そうしたことに気付かなかったのかも知れません(単に、気をつけていないための言い分けですが:笑)

 以前から書いていますが、季節の変わり目(特に、冬から春)は要注意ですね。
 メダカはもちろん、人にとっても体調を崩しやすいですから・・・。
 皆さん、気をつけましょう(自戒!)。

昼頃の、紅帝風雅メダカの水槽です。
こちらは、オロチメダかの水槽です。

 上の動画では水面まで浮かんでいますが、給餌しているところを撮影したからです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる