メダカ水槽に入れるスイレンを植え換えるために、土や鉢を購入。

 朝方まで降っていた雨は上がったけれど、昼頃までは曇り空で気温水温は低いままでした。
 昼過ぎから太陽が顔を出し、気持ちの良い天候になりましたね。 

 水温は玄関先の陽当たりで、14:00頃に15℃まで上昇しました。
 玄関先の水槽には、わずかですが給餌しましたがしっかり食べ尽くしていましたよ。
 残念ながら、軒下の水槽は10℃ほどしか水温が上がらず食事抜きです。

 軒下の水槽は10℃くらいでしたので、メダカたちは水面近くまで上がってきていました。
 でも、これだけの水温なので、いつものように近づくと潜ってしまうんです。

紅帝メダカ
紅メダカ
幹之メダカ
陽の当たっている、玄関先のオロチメダカ

 さて、今日の話題ですが・・・
 
 午後から良い天気になったこともあり、玄関内で冬越しをしていたスイレンを屋外に移動しました(今後も、低い気温にはならないようなので・・・)。
 温帯の姫スイレンは、玄関内でも少しずつ葉を伸ばしています。
 でも、熱帯性の香スイレンは玄関内に入れていましたが、加温無しだったので一向に土から顔を出しません。

 やや早い気もしますが天候(晴れた日に)次第、植え換えをしようと考えています。
 熱帯性の香スイレンはまだ時期尚早なので、4月末から5月にかけて植え換えするつもりで、今回はゆっくり時間をかけて姫スイレンから始めます。

 スイレン用に、いろいろ購入してきました。
 以前から姫スイレンを植えていた鉢が小さいので、大きめのものにしました。
 鉢が小さいと花の咲きが悪いので、今回は一回り(二回り?)大きな物を購入です。

 素焼きのものが安い価格で買えるのですが、アオミドロが生えると取り去ることが困難なので、ツルツルに塗装してあるものを選びました。

右は大きすぎ。左の大きさがベターなのですが・・・(2つしか無かった)。

 大きい容器は、水槽内のメダカが泳ぐ領域を狭くすると思うので困るかなと感じています。
 まあ、水槽の容量から考えると匹数はあまり多くないので、大丈夫だと思っているのですが・・・。

 下の写真は、スイレンを植えるためのものを並べてみました。
 計算上では、鉢数が少ないと思っていますが、先にも書いたようにこのような色を塗ったものはちょっと価格が高いのと、園芸店には品薄で手に入らなかったのです。
 この時期は、皆さんがこうしたお店に訪れるんですね。

 
 
 日曜日ということもあり大変な人出でしたが、新型コロナはどうしたのでしょう(私も含め:笑)

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる