状況確認のみのメダカ水槽。今日は低い気温でした。

 2月28日と3月1日の2日間の夜半に吹いた強風は、春何番だったのでしょうか。
 この二晩は、午前3時まで眠れませんでした。
 強い風で、水槽付近から発する音に、水槽状態に不安を感じときおり様子を見に行っていました。
 でも音はすごいのですが、水槽周りは重しが効いていて飛ばされるというようなことがなかったのでホッとしています。

 今日は先日からの気温に比べ、グッと冷え込みました。
 あの夜半の強い風は、この寒い日の前触れだったのでしょうか。今日以後は再び高い予報ですからね。

 水温は10℃に届かず、給餌はもちろんいくつかの水槽の様子を見ただけに終わりました。
 ときおり陽は射すものの、気温・水温が低いため、玄関先は最高9℃といったところです。
 軒下水槽は、6℃と低いままでした。

 残念ながら、烏城三色メダカが一匹ヨロヨロと泳いでいますが、果たして立ち直るのか心配です。
 昨日の投稿でもちょっと触れていますが、下記の写真の右側に映っているメダカです。

2匹しかいません。右側のメダカが頭を下に泳いでいます。あきらかに変ですね。

 このような状態になって数日経ちますが。過去にも同じ症状になったメダカがいましたが、立ち直ったことがなかったと思います。
 特に冬の寒さからの立ち直りの時期ですから、負担が大きいことも大変に辛いことだと感じますので・・・。

 軒下の水槽は気温が一日中低かったので、ほとんど動きが無く底の方にいます。
 弱い太陽光が、わずかばかり当たった状況だったのですが、残念ながらほとんど水温の上昇には影響が無かったですね。

 玄関先の水槽にも、弱い太陽晃が射してはいるのですが・・・(9:00頃でした)。

陽射しはありますが、ほとんど気温上昇はありませんでした。

 こちらは軒下水槽ですが、夕方(17:30頃)撮影したもので水温も上がっていないので、メダカたちは底の方で動きがあまり見られません。

明日から気温が再び上昇する予報なので、給餌等がとても楽しみです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる