陽射しの一日。明日の、メダカ水槽は暖かいかも。

 朝の冷え込みが強く、小学生が登校する時間(7:30頃)はまだ路面が凍っている状況でした。
 最低気温がマイナス1℃ですから当然ですが、天気が良くその後徐々に気温は上がってきました。

 上の図を見るとわかりますが、月曜日から冷え込みが強く、マイナス気温が続きますね。
 以前に水道管の破裂がありましたから、少し水を出しておきます(修理をしたので大丈夫だと思いますが、もっと根元で破裂すると工事が大変なので)。
 こうした繰り返しばかりで、メダカ飼育が楽しくないのは困ったものです。

 陽は射しているものの、玄関先は11:00頃が9℃で、その後は何とか11.5℃まで上がりました。
 それ以上の上昇はありませんでしたが、明日は、もう少し高くなりそうなので期待しています。

 軒下の水槽は、陽の当たり始め(11:00)の水槽が5℃でしたが、日陰になっているところは、まだ3℃でとても低いです。
 その後、陽が当たりましたが、たいして上昇はしていませんでした。

 そうした水温の低さもあって、いつもと同じく活性の悪いメダカたちの状態でした。
 やはり給餌は、残念ですが無理ですね。
 せめて明日には、しばらく行っていない飼育水を追加してやりたいです。

 14:00頃の陽射しのあった、玄関先のオロチメダカです。
 一匹だけですが、水面近くで泳いでいました(そんなに水温は、高くないのですが)。

 二匹のみになってしまった烏城三色メダカですが、何とか底の方でジッと冷たさを耐えているようです。もう一匹は、藻の中に隠れていると思います。

見えにくいので、囲みを着けています。

 確実に春は近づいていると思うのですが、新型コロナの外出自粛と違うけれどモチベーションが下がりますね(メダカ相手ですから、新型コロナにはかかりませんが:笑)。
 我慢の一ヶ月半でしょうか。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる