零下(マイナス温度)で水槽に氷が・・・。メダカは大丈夫?

 夕べから気温が下がり始め、マイナス7℃まで下がりました。 

 メダカ水槽の水温は、最低はどこまで下がったのかはわかりません(まだ寝ている時間でしたから)。
 11:00頃で1~2℃でしたが12:30頃には8℃くらいに上がり、氷も無くなってきました。
 人にとっては陽も射して温かいのですが、まだまだメダカ水槽は低い水温ですね。

 水槽には蓋を掛けているのですが、薄く氷が張っていました。
 蓋を掛けていない置き水には、厚めの氷が張っていたので、蓋の効果は少しはあるのかなと思いました。

 気温・水温は低い状況の多い一日でしたが、陽射しのあるときは蓋を外してやりました。
 蓋を外したときの水温は低かったので、メダカたちは底の方でほとんど動いていません。
 動いていない姿は寂しいですが、この冷え込みにもかかわらず生きていてくれたことに感動です。 

蓋を外しましたが、まだ氷が張ったままの水槽です。

 先にも書きましたが、陽が射しても低い気温でしたが、陽射しのおかげで次第に水温は上がり、氷は無くなりました。
 蓋を外して紫外線を浴びさせることは、メダカたちにとって健康上良いことだと考えています。
 もう少し水温が高くなれば不安も少なくなるのですが・・・。でも、急激な水温変化は、メダカにとっては良くないでしょうね。

 昼過ぎ、玄関先の水槽は水温が上昇し、メダカもやや動きが良くなってきました(1時間半の間に、氷は溶けてしまい全く見当たりません)。

 春までには、今回のような低温気候になるときがあるかも知れません。
 でも、今回の低温を乗り切ったことは、私にとってとても自信になりました。
 まだまだ、低い水温の日が訪れる可能性はありますが、何とか乗り切れそうな気持ちが持てました。

 メダカたちの、生命力に脱帽です。
 今日の水槽内に手を入れてみましたが、指がちぎれそうに冷たいです。
 メダカは変温動物ですから、水温に合わせて生きているのですが、できれば室内の良い環境で飼育するのがベターでしょうね。
 でも、メダカの匹数が多かったりすると、室内飼育は大変になります。

 販売等で本格的な場合は、メダカのハウスで温度調整をしながら飼育されていると思います。
 うらやましいですが、私にはそうした気持ちは無いのですが・・・。

 こうした苦労も、元気にメダカの泳ぐ姿を見て癒やされているのが、飼育を続けられるところなのでしょうね。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる