よく晴れた冬の一日。メダカの水槽カバーを外しました。

 今日はとても良い天気で、気持ちの良い一日でした。
 気温も最近にない、9℃という高さでした。
 でも、このあと下り坂ですからガッカリです。特に日曜日から先は、すごく低くなる予報なので再び雪かも知れません(涙)。

 玄関先の水槽の写真は、カバーを外す前のものですが・・・。
 昼前、水温は14.5℃と上昇したので、ひとつまみだけ給餌しました。久しぶりということもあり、しっかり食べてくれました。 

 冬の日に貴重な陽が射したこともあり、各水槽の波板カバーを外してやりました。
 カバーの無い各水槽を、並べて見ているだけでも気持ちが良いですね。
 しばらくしか、続きませんが・・・(もうすぐ寒気が)。

 軒下の水槽は、短時間しか陽が当たらないので、短時間は上昇するのですが、すぐに低くなってしまいますから冬は可哀想ですね。
 そういうわけで、給餌はしていません。もちろん、幹之メダカと極龍メダカの水槽も同様です。

 眺めていて嬉しかったのは、極龍メダカが隠れ家(本来は、水草を植え付けるものですが)に入っていたことです。体を少しのぞかせているのは、とても可愛いですね(上の写真の、右側です。)

 これから春までに、何度かこうした期日があると思われるのですが・・・。
 メダカたちの、元気な姿を見ることができるということが、こんなに楽しいものだということを、改めて感じることができました。
 逆にいうと、見られない日々も多いということですね。それはとても残念なのですが、コントロールは自然の仕事ですからしかたがないですね。
 自然体が一番です(笑)。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる