玄関内のメダカ飼育用具を屋外に、玄関にスイレンを移動。

2 min 1 views

午前中は晴れ間も見えましたが、午後からは天気が崩れてきました。

もちろん気温は上昇せず、低い1日でした。


水温も、12:00頃で10℃くらいでした。

当然ながら、給餌は無しですね。

sponsord link



以前から計画していた、作業を行ったんです。

玄関内に置いてあった、メダカの飼育用具棚(飼育用品を入れていた)や、屋外に置いているスイレンの移動です。

 

もともと古い棚を使用していたので、屋外で使用するのに問題は全くありません。

ただ、エサや薬品が入っているので、風雪が強ければ状況を見てそれらの場所は変えますが。

場所的には、メダカの飼育水槽の近くなので、便利だと思っています。

玄関内の空いたスペースには、予定どおり屋外のスイレン水槽を入れるつもりです。

 

この場所は屋根雪が離れたところに落ちるので、メダカ水槽を置いています。

当然ですが、屋根雪は用具棚に当たらないので構わないかなと思っています。

最近は暖冬で、積雪が少なく屋根雪の落下も多くありません。

なので、近年は少し楽な場所です。

数年前には大雪で、立ち入ることも大変な墓所だったのですが・・・(地球温暖化は、喜んではいられませんね)。

 

玄関内から用具棚を移動したので、予定どおりそのスペースにスイレンを移しました。

屋外のスイレンは、さすがに痩せ細ってきています。

玄関内であれば、このまま越冬してくれると思っています。

 

昨年は、ヒーターを設置した水槽としない水槽がありました(両方とも、姫スイレンです)。

どちらも無事に春を迎えていたので、今年もヒーターを設置しないつもりです。

しかし、今年のスイレンは熱帯性と温帯性の2種があります。

でも、今回は両方(熱帯性、温帯性)の容器ともヒーター無しでいきます。

当然ですが、熱帯性は寒さに弱いのですけれど。

 

熱帯性スイレンは、初めて冬越しをするのですが・・・。

温帯性は、熱帯性より寒さに強いのでヒーター無しでも大丈夫だと昨年経験しています。

ヒーターがあると、冬でも元気に葉を伸ばしますが(当たり前ですね)。

熱帯性スイレンにとっては、果たしてどうなるのか試練の年になります(様子を見て、ヒーター設置を考えますが)。

熱帯・温帯性スイレンとも、冬越しをしてくれることを期待しています。

 

一部のスイレン鉢にはアオミドロがへばりついたままですが、このまま冬を越すつもりでいます。

来春には、話していたと思いますが、植え換えをするつもりでいます。

鉢にこびり付いている藻類も、しっかり落としてから使用しますので、綺麗な状態からの水槽投入になります。

数ヶ月後の話ですが・・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)