寒い日でしたが、陽が射していたのでメダカたちに給餌。

朝からグッと冷え込み、散歩時(6:00過ぎ)は気温がずいぶん低かったと思います。

最低気温の時間はわからないのですが、5℃となっていました。

さすがに、日の出前の散歩は寒かったですね。

全日陽射しはあったのですが、気温の上昇はあまりなくて寒い一日でした。

もちろんメダカ水槽の水温も写真のように、ほとんど上昇が見られません。

(6:30の水温)

(11:00の水温)

(15:00の水温)

陽は射しているのですが、ご覧のように水温の上昇はほとんどありません。

sponsord link



それでも、わずかですが給餌してみました。

給餌した時間は、全ての水槽に陽が射した11:00です。

残すだろうと、想像のもとに給餌したんです。

上の水温写真をご覧になるとよくわかりますが、15:00の玄関先水槽にも少し食べ残しがありますね。

陽射しがあったにも関わらず・・・。

 

軒下の水槽の中には、給餌するメダカもいるんですが、いつも食べ残すメダカがいます。

温かい水温の場合にも、エサが水面に浮いているので、食べないんだと思っていました。

 

今日は、給餌のときの量を記憶していたので、あとで確認したところ、与えた量が減っていました。

(上の写真が与えたときで、下が数時間経った様子です。)

いつもそうしたところに、目配りが出来ていなかったのですね。

改めて、少しは食べてくれていることを確認した次第です。

 

気温・水温の低い一日でしたが、給餌したことで様子がわかり嬉しかったですね。

以前にも書きましたが、11月から秋・冬用の浮遊性のエサにしたことで、様子がよくわかりました。

10月までは、ゆっくり沈降するエサだったので、食べてくれていると思っていたのですが・・・。

食べ残しが沈降していたのことによって、メダカがしっかり食べていると勘違いしていたようです。

今回の浮遊性のエサで、私のエサのやり方がよくわかりました。

ハッキリ言って、与えすぎです。

 

自分自身が、よく食べるからでしょうか(笑)。

ついついメダカにも、満足させてやりたいという気持ちが大きかったのかも知れません。

この浮遊性のエサによって、知らされたところです。

 

一番いいのは、給餌してから食べる様子を、しっかり見ることなのですが・・・。

近くに人影があると、なかなか給餌してくれないんです。

しっかり見届けなければいけないのに・・・って、なんだか言い分けのようですね。

夏のように水温の高いときであれば、近くにいても給餌に一生懸命なんです。

この時期は、人影とかに敏感なんでしょうね、きっと。

 

もうしばらくすると、エサを与えることも出来なくなると思います。

10℃を超えた水温だった(ほんの少しですが)こともあり、給餌したわけです。

今回は、一日中水温の上昇が少ない日の給餌について書いてきました。

 

明日からの天気予報も、今日と同じく晴れて変わらないような状況です(少し上昇するようですが)。

今日のような晴れた日は、3日間くらい続くようです。

でも、着実に気温・水温が下降し冬に近づく訳なので、給餌には今まで以上に気配りが必要だと感じています。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる