今日も良い天気でしたが、25℃を少し超えた夏日という季節外れの天候でした。

下の写真では、低く表示されていますが・・・。

明日はもっと上昇する予報なので、季節外れと言ってもこうした天候は、私には大歓迎ですね。

ちょっと遅い8:30頃の水温ですが、玄関先の水槽は15℃と高くなっています。

午後(14:30頃)からの水温は、20℃と高くなっていました。

気温と違い、水温の変動幅はやや少ないですね(先日も、書いていますけれど)。

いずれにせよ、メダカや人にもこうした季節外れは嬉しい限りです(地球温暖化は嫌ですが)。

sponsord link



先般、新しくポンプを購入した記事を書きました。

初期不良で無償の交換でしたから、とても嬉しかったですね。

今回の新しいポンプは、ホース部分がやや細いのですが、柔らかく取り回しがとても楽です。

価格はやや高いのですが、とても楽に使用できました。

過去にも購入したものと同じですが、改めて喜んでいます。

交換前のものは、見かけに惑わされたのと安いかったことで失敗した感があります。

(購入した商品が、不良だったのかも知れませんが・・・。)

 

用途は箱に明記してあるとおり、水替えと底砂掃除用なんです。

もちろん、そうした使い方をするつもりでいるのですが・・・。

今回は、底砂の表面に付着している、アオミドロの除去を中心に使用しました。

 

底砂の掃除と同じ方法で実施するのですが、底砂の中まで差し込まず表面のアオミドロまでです。

そうしてポンプを動かすと、多少の底砂に混じり表面のアオミドロが吸い取られます。

当然ながら、アオミドロを全て除去することは不可能です。

しかし、短時間でかなりの量(見た感じでは、2/3程でしょうか)を取り去ることが出来ました。

下の写真のように、底砂を止める部分に、アオミドロが吸い取られ付着しています。

これは、捕れたアオミドロの写真(参考に)なので量は少ないですが、一度にもっと除去できます。

 

アオミドロの除去前後の写真が無いので、文章でしか述べることはできないのですが・・・。

こうした使い方も出来るのだと思い、我ながら満足のいく使用状態でした。

 

まだ水槽壁面には、青藻が付着しています。

これはスポンジで擦ると、とても簡単に落とすことが出来ます。

今回は、青藻の除去までは行いませんでした。

ポンプの使用方法を、先に述べたように、使用できるかを確かめたかったんです。

この方法で、十分利用できると思いました。

 

しかし、底砂表面のアオミドロについては、完全な除去は出来ていません。

リセットをするとかという手段は、時期的にそこまでの必要はないと考えて実施したわけです。

また、この水槽を立ち上げたのは秋口ですから、リセットをするのは来年になってからと考えています。

当然ですが、水槽内の状況がひどくなればのことなんですが・・・。

 

幸いにも、プラスチック水槽に替えてから、アオミドロは底砂表面に繁殖しています。

以前は発泡スチロール水槽でしたから、壁面から発生したアオミドロは除去できない状態でした。

そうした管理のしやすさからも、プラスチックの水槽は楽ですね。