今日は陽が射しているにもかかわらず、気温の上昇があまりありませんでした。

しかし、屋内では寒いものの、陽当たりに行けば気持ち良く過ごせます(もちろん、薄着は無理ですが・・・)。

今日の最高気温は15℃と表示されていますが、明日からは暫く上がりそうですね。

水温は、あまり上昇はしていなかったように思います。

「思います」というのは、日中に用事があり、朝夕しか水温を見ることが出来なかったからです。

写真は17:30頃の水温ですが、朝7:00頃も同じような水温でした。

気温から想像するには、あまり上昇しなかったものと思われますね。

 

そうした気温・水温の低さもあってか、用事をする前(9:30頃)に給餌をして出かけたのです。

帰宅してから各水槽に目をやったのですが、ほとんどの水槽で食べ残しが見られました。

気温があまり上がらないことが予想されたので、当然水温も同様だろうと思い、極力少なく与えたつもりですが。

 

果たして、食べ残しなのか全く食べていないのかは、ハッキリ把握できていませんが。

いずれにせよ、水面にエサが浮いています。

以前にも書いたのですが、が○いめ○かの秋冬用を使っています。

夏用(季節によって、仕様が違うようです)のものはゆっくり沈降しますが、こちらは水面に浮いたままです。

ですから、テッシュペーパーを使用して取り除けば、あまり水質を損なわないかなと思っていますが。

 

冒頭で気温のことを書きましたが、明日からはもう少し上昇する予報です。

今日は帰宅が遅くなったので、水面に浮いている食べ残しの餌はそのままにしておきますが、明日は綺麗にしなくっちゃ・・・。

 

浮遊性のエサというのは、こうした食べ残しがある場合には、とても都合が良いかもしれません。

飼育水が、汚れにくいということが一番でしょうか。

そうしたことを考えたとき、年間同質のエサよりも、こうした季節によって変えたものはメダカにやさしいと言えるのではないでしょうか。

飼育者が、季節によって与える餌を選んでいらっしゃる場合と同様ですね。

(私の場合は、全て人工のものですが。)

 

私の近くのペットショップでは、ほとんど(たぶん全て。私の探し方が悪いのかも知れません)がゆっくり沈降するタイプのエサなんです。

浮遊性のエサは、置いてなかったような。

 

メダカの給餌特性に応じて、エサを調合してあるのはとても親切だと思っています。

飼育者自身がしっかり管理することで、底砂や飼育水の汚れは未然に防ぐことは出来ますけれど・・・。

私のような過保護(?)で与えすぎた場合には、とても都合が良いのです。

 

メダカの口元が受け口なこともあり、底に落ちた餌は食べにくいと思われます。

ときどき逆立ちをして、餌を食べている姿を見かけますが。

底に落ちたエサは食べにくいため、水質悪化につながりますから、こうした浮遊性は良いのではと個人的には思っています。