昨晩にブログを書いていたものを投稿し忘れ、今朝早く投稿しました。

今回の投稿は、その続きのような内容になってしまいました。

まずは、気温・水温の状況から・・・。

昨日と違いグズついた天気でしたが、やや高目だったのは売れしかったですね。

水温は昼前(11:00頃)ですが、14、5~15℃ぐらいでした。

sponsord link



昨日は晴れていたにもかかわらず、水温の上昇はあまりありませんでした。

ですが、今日は昨日と違って雨が降りそうな感じでしたが、水温はやや高目でした。

そういうわけで、メダカの活性もすこしですが上がっていたかなと思います。

 

給餌は1日1回に数日前から変えていますので、今日も当然ながら1回のみです。

与える時間は少し遅く、昼近くになってからにしています。

 

もっと気温の低い日(10℃前後の場合くらい)は、水槽の底の方に静かに泳いでいます。

やや高い今日のような日は、中層くらいで泳いでいますが。

先に述べましたが、給餌は水温が低いより高目の方が良いだろうと考え、昼頃に与えているわけです。

 

今日のように少し高めの水温のときは、どのメダカもエサのある水面に上昇してきます。

若いメダカは素早い動きでエサに向かいますが、年長組はゆっくりとエサに向かってきます。

とても慎重な感じですが、水温が高い頃は一目散だったのですがね・・・(笑)。

 

エサを与え、しばらく様子を見ているとどんどん水面に来て給餌しています。

近くにいてカメラを構えていても大丈夫なんですが、動くと一目散に散らばります。

ですから、給餌の撮影はカメラを構えてしばらく待つ必要がありますね。

 

今日の天候は、玄関先も軒下も気温・水温の違いがあまりなく、給餌においては同様に行うことが出来ました。

上記の写真(紅帝メダカ)も、チャンと水面まで上がってきて給餌していました。

 

メダカ飼育をしていて、一番楽しいときはこの給餌のときですね。

これから水温が下がっていくと、こうした光景が少なくなっていくので残念です。

 

雪国の特徴は、雪に覆われ鬱屈した心が、春の雪解けとともに開放されたとき、より大きな喜びになるのです。

これからのメダカ飼育に置いてもそれは例外では無く、飼育者はもちろんメダカたちも同じでしょう。

春になってからの喜びをより大きくするために、今、しっかり冬支度をすることが大切だと思っています。

本格的な冬・・・雪に埋もれる前にやることは残っています。

あまり期間が無いので、一気に作業を行う体力はあまりないこともあり、計画的に冬支度をしましょうか。