昨日とうって変わり、今日はとても気温の低い1日です。

気温を見ていただくとわかるとおり、最高気温は昨日より5℃も下がって、12℃という状態です。

雨天という予報でしたが、ときおり晴れ間が見えたりもしていますが。

sponsord link



メダカ水槽の水温ですが、やはり低いですね。

12:00頃では、玄関先(やや陽が照っていましたが)では12.5℃くらいです。


しかし、陽が陰った14:00頃は水温も冷え込み、9℃でした。

軒下では、10:00頃や12:00頃の水温は、変わらず10℃を割り込んで9℃となっています。

明日は雨も上がり、気温は少し回復しそうな予報なので嬉しいですね。

 

今までは多少低い水温でも、給餌すると飛びついてきていた玄関先のメダカたち(去年生まれです。成魚たちは飛びついてきません)。

今日は給餌しても、底にジッとしたままです。

(藻があり、光線の関係で見苦しい写真ですが。)

もちろん、他の水槽での給餌も、全く浮かんできません。

それくらい、外気温や水温が低いということですね。

 

いつも投稿時に話していることですが、こうした気温・水温の変化が数日おきにやってきます。

この季節は、そうした変化を伴いながら、冬に向かって進んでいくのですね。

 

メダカの活性が低いのに、アオミドロの発生は見た感じでは衰えていないように見えます。

力のある藻類だなと改めて感じる次第ですが、今年は玄関先の発泡スチロール水槽はこのままで越冬です。

来年には、これらの発泡スチロール水槽にも、中にプラスチック水槽を入れるつもりなので。

 

ときどき小雨模様で、メダカ飼育作業はほとんど行っていません。

先ほども述べたように、給餌しても食べてくれない状況ですから・・・。

空はときおり陽射しも見せるのですが、気温・水温はほとんど変化しません。

いつもより早い時間のブログ投稿ですが、天候の変化はあまりないと思われますね。

 

明日は通年くらいに回復しそうですから、メダ活も出来そうです。

元気があれば、プラスチック水槽の苔落としと底砂清掃の第3弾をしたいと考えています。

メダカのこと以外にもしなければいけないことがあるので、あくまで予定でしか無いのですが。