天気予報がピタリと当たり、すがすがしい秋晴れの1日でした。

最高気温が24℃でしたから、メダカにとっても過ごしやすかったかもしれませんね。

今日のメダカたちに対しての作業は、給餌のみでした。

sponsord link



昨日まで後片付けをしていた水槽があり、その中にいたミナミヌマエビを移動させました。

投入にやや手こずりました(というのも、なかなか網から出てきてくれないんです)が、何とか全て水槽内に移動です。

前の水槽の底砂が網に入っているので、その底砂を入れないように静かに網を入れたのですが、なかなか網から出てきません。

しばらくそのままの状態で、様子を見ていたのですがしびれを切らしました(私は、結構短気なんです)。

なかなか出てこないので網を裏返して、中にある前の容器の汚れ(少しですが)も一緒に入れてしまうことになったんです。

とくに、藻類(土が主)ではないですから大丈夫でしょう。

水槽内では、結構元気に泳いでいるミナミヌマエビたちです。

 

片付け作業に、ちょっと時間を取られた発泡スチロール内ガラス水槽ですが、やっと片付けが終わりました。

メダカやミナミヌマエビを、移動させた飼育容器です。

汚れが、結構ありますね。

 

発泡スチロールから、ガラス水槽を抜き取りました。

まだガラス水槽の壁面にへばりついている、アオミドロを綺麗にする作業は残っているのですが・・・。

これは後日にまわしましょう(ガラス面のアオミドロは、簡単に落ちますので)。

とりあえず、底砂だけは綺麗に流しました。

 

ガラス水槽を入れていた外側の発泡容器ですが、硬質赤玉土が少し入っていました。

入れたつもりはないのですが、作業のいい加減差がわかりますね。

新しい硬質赤玉土は、購入してあるのでこれは廃棄です(庭土にします)。

今後も使用するかも知れないと考えていた硬質赤玉土ですが、そんなに価格は高くないのでこの機会に捨てました。

(小さな容器が空いたので、嬉しいですね。結構使い勝手があるんですよ。)

綺麗にした発泡スチロール容器ですが、今は使い道がないので来年回しです。


ガラス水槽の外側に設置していたので、アオミドロ・緑藻等はありません(喜)。

 

まだ片付けなければいけない、採卵と針子の小さな容器ですが、来年用に綺麗に洗ってしまっておきます。

家の周辺には、そうした小物類が雑然と置いてあるので、キチンと整理整頓しなくっちゃと思っています。

性格上そうしたことが苦手なのですが、整理整頓を行うことで手際の良いメダカ飼育が出来るんですよね(猛反省:妻からも、言われています)。

わかってはいるのですが・・・(笑)。