メダカ水槽の水替え頻度とタイミング

2 min 1 views

まだまだ、30℃越えの日が続く日本列島。

メダカと違い、人にとっては新型コロナウィルスのこともあり、外出したくない毎日ですね。

夕方16:00頃の気温ですが、まだ30℃を超えています。

 

私にとっては、孫の迎えとメダカ飼育、そして愛犬(雌の老犬ですが)の世話がメインの仕事です。

こうしてメダカブログを書くのも、趣味(仕事:商売では無いから違いますね)の内の一つですね。

毎日同じようなことの繰り返しで、ブログのネタがなかなか見つからないのが困っているところです(笑)。

sponsord link





夏場の、メダカ水槽で必要なのは水替えでしょうか。

我が家には、軒下に12槽そして玄関先に4槽設置しており合計16層あります(大小の水槽を合わせてですが)。

この水槽のうち、小さいものが2槽あるので、もうしばらくしたらこの小さい水槽を整理しようと考えています。

そうすると全部で14槽になるので、毎日1槽ずつ水替えをする感じで考えれば、2週間に1回の水替え頻度になりますね。

 

ただ、夏場の天候では飼育水が傷みやすいので、1週間くらいの水替えかな?

もちろん冬場はしないので、考えなくて良いのですが、逆に冬対策が必要ですね。

春と秋は状況によって、水替え頻度を考えれば良いでしょう。

 

そんなことを考えながら、今日は1槽のみでしたが水替えをしました。

幹之メダカの水槽です。

以前と、同様の方法ですが・・・。

水槽内面には、緑苔が付着していたので綺麗に落としました。

また、底砂をかき回して沈殿物も排出しました。

 

先日のブログに書いているのですが、トンボの飛来を目にしていますので、そのことも考えているんです。

というのも、いくつかのプラスチック水槽の飼育水量が結構多いのです。

そういう状態でワイヤーネットの蓋をしても、トンボの尻尾が水面に付いてしまう心配が考えられますね。

 

なので水替えを実施すると同時に、飼育水を少し減らしてトンボ対策になればと思ったわけです。

飼育水の交換はサイクルは前述したとおりなんですが、まずはトンボ対策で水量の多い水槽から実施するつもりです。

ヤゴの醜い姿はもちろん、メダカが食べられたりすることも想像したくないのですが。

 

一気に水替えをする体力や気力は無いので、水替えした水槽から目印を付けようと考えました。

あまり格好は良くないのですが、今はとりあえず洗濯バサミを取り付けています。

番号札をかけるようにすれば、交換した順番がわかるから良いかも・・・。

sponsord link
 

 




今までこうした対策は取っていないので今更と感じるのですが、冬以外はこのワイヤーネットは設置したままにしようと思います。

トンボだけではなく、スズメ等の野鳥も心配ですがらね。

水槽内のメダカが、見えにくいのが欠点です(寂)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)