水温の計測はしていませんでしたが、最高気温は34℃と猛暑日の手前でした。

感覚的には、連日変わりなく猛暑といった感じです。

やや落ち着いて活動できるのは、日が沈む頃ですからね(早く、秋が来て欲しい)。

sponsord link



極龍メダカの産卵が、最近多くなってきていますね。

産卵床には、結構な量の卵が産み付けられています(嬉しいです)。

 

写真を撮り忘れたのですが・・・。

先日、移動させた極龍メダカのわずかな飼育水の中に、再び(前にも2匹を見つけました)1匹だけですが針子が泳いでいました。

すかさず捕まえて、卵・針子用のプラ容器に移動しました。

捕まえた容器と、針子を投入した容器の写真です。

掲載しても、意味がありませんかも。

 

表題に書いたように、昨日新水槽に黄金黒燐ヒカリメダカを投入しました。

旧水槽にいる半分の移動していなかったメダカを、今日は追加投入しました。

昨日と同様、同じ場所にいるメダカたちですから温度合わせは行っていません。

水合わせも、以前の飼育水をたくさん利用しているので簡単に行おうと思っていたのですが、今までのようにしっかり行ってしまいました(笑)。

小さな容器の中で、元気に泳いでいるメダカたちの様子を見ていると、何ら問題となることが無いような気がしてきます。

 

しかし昨日も書きましたが、時間をかけたりパイロットフィッシュを使用したりしていません。

旧飼育水が綺麗だったので、その飼育水を多めに使用して立ち上げています。

メダカについてはあまり心配はいらないかもと思っているのですが、緑藻が繁殖しないかがとても心配なんです。

幸いにも、この水槽には過去のようにアオミドロの繁殖が無かったので、ちょっと安心しています。

壁面の緑藻は取り除きやすいのですが、アオミドロが繁殖すると手に負えませんから・・・(リセットしか無いくらいですね)。

 

夕方の5:00過ぎに、昨日投入していたメダカに追加投入です。

水合わせを5時間以上、数回かけて行い投入しました(先にも書きましたが、こんなに行う必要もなかったのですが・・・)。

ついつい習慣(最近、何度も行っているので)なのか、ボケているのか不安はありますが(笑)。

とりあえず、今日は無事黄金黒燐ヒカリメダカを移動させました。

元気に泳ぎ回っている姿に、内心ホッとしています。

sponsord link



最初に書きましたが、このメダカを移動させて残った水槽ですが、もしかするとと考え飼育水を少し残しています。

この水槽では採卵をしていないので、卵が底に落ちてしまっている可能性があります。

黄金黒燐ヒカリメダカは匹数が多いので採卵はしていなかったのですが、もちろん針子として泳いでいればチャンと飼育しますよ。

せっかく、生を受けてくるんですから・・・。