メダカの産卵が増え、針子が多くなりました。とても嬉しい!!

2 min 1 views

相変わらずの真夏日が続いていますが、途中雨が降って涼しい感じがあり嬉しかったですね。

1日中雨だと憂鬱になりますが、暑い1日における一時的な雨は歓迎です。

8:00頃の水温は、25~26℃でした。


温帯性スイレン(姫スイレン)は朝にもかかわらず、花を開こうとしています。

熱帯性香スイレンはまだ寝ている感じですね。

sponsord link





以前から書いていましたが、気温(水温)が高くなるに従い産卵が増えてきました。

昨日少し触れましたが、紅メダカの卵が2個見つけることが出来ました。

写真の卵は、極龍メダカです。

まだまだ少ないですが、徐々に活発な産卵になってきたことが嬉しいですね。

 

まだ孵化していないメダカ(紅メダカ)もありますが、私の希望する他のメダカたちは針子になって元気です。

以前、小さな容器に卵を入れて孵化させていたのですが、容器が小さかったためか管理が悪かったのか、針子がずいぶん減った状況がありました。

その反省から、昨年同様のやや大きめの容器にしているのですが、今のところ飼育水が一部グリーンウォーター化して針子たちは元気です。

幹之メダカの針子ですがフルボデイがいると嬉しいですね。

 

こちらは烏城三色メダカですが、匹数は少ないけれどやや大きくなってきました。

 


オロチメダカの針子ですが、表面で泳いでいる針子の他に、グリーンウォーターで数匹が見えていません。

10匹以上の針子が存在しているのですが、とても嬉しいですね。

 

先に紹介した3品種の飼育水は、グリーンウォーターになっているので管理するのがちょっと安心です。

まだ極龍メダカの飼育水が、グリーンウォーター化していません。

もちろん、孵化して針子がいます。

早く、グリーンウォーター化してくれないものかと待っているところです。

陽射しの弱いときに、日光に当てるのが良いかも知れませんね。

見えにくいのですが、容器の縁辺りに泳いでいます。

2日前のことですが、息子のお嫁さんが「ここにメダカがいますよ」と教えてくれました。

以前にも、よく似たことがありました(このときは、奇跡のような出来事でしたが)。

廃棄しようとしていた水草の入っている飼育水の容器なんですが、捨てようと考えていたその矢先に見つけてくれたんです。

もちろん、どの品種かは記憶に無いくらい前のことでしたので、お嫁さんにあげることにしました。

見つけたときは2匹でしたが、現在5匹いました。

少しですが、給餌してあげました(必要かどうかわかりませんが、生まれてから数日が経っているようなので)。

 

水槽の整理をしていると、ときどきこんなことがあるのですね。

ただ、どの水槽からのメダカなのか記憶していないので、ちょっと困りものです。

もちろん生まれてくるのは大歓迎ですから、お嫁さんもメダカを飼育しているのであげることにしたんです。

こうした思いがけない嬉しいことがあると、飼育している満足感が増幅します。

また、捨てられずにいたメダカたちの幸運が、飼育者にも伝わってくれないかと思わず願ったりして・・・(笑)。

(逆に、失っている場合もあるかも知れないことを考えると、手放しには喜べませんよね。)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)