午前中は曇り空でしたが、午後からは夏の陽射しが・・・。

この暑さにはウンザリで、外に出る気もしませんね。

 

玄関横の発泡スチロール水槽の変更を行うことにしていたのですが、涼しくなってから行おうと今はあきらめました。

とりあえず、はみ出していたプラスチックの水槽(136L発泡スチロール容器の中に入れる予定をしていたもの)を軒下に移動させました。

しばらく、ここに仮設置です。

 

というわけで玄関横の水槽は、1槽だけ発泡スチロール容器の中にプラスチック容器を入れるにとどまりました。

8月も中旬にさしかかろうとしているので、間に合わなかったということです。

また、この異常とも思える気温には、外に出ようという気持ちがすっかり失いますね。

 

とは言えども、玄関先のメダカ水槽に直射日光が当たるのはやっかいです。

何とかしたいと思い、先般から投稿しているようにスダレの設置を実施しました。

強い陽射しの中、頑張りましたよ(自画自賛)。

 

購入してきたのは、先日から日除け用にぶら下げてあるスダレと同様のものを1枚追加。

それと、それらを固定するための枠になるプラスチックのバー1組みです。

スダレはそんなに値段は高くないのですが、この枠は結構値段がしたので長く使用したいですね。

といっても、気温の高い夏場(7月~9月くらい)だけですが・・・。

 

前に作成していたので要領はわかっていたこともあり、作成はそんなに難しくなかったですね。

枠を組んでいくのですが、前回は壁に立てかけてサイズを合わせる感じで作成し、妻に教わりながらだったのですが結構手間取りました。

今回は私一人で作業をしたのですが、枠の組み立ては地面の平らなところで行い、意外に簡単に作り上げることが出来ました。

前回の取り付けで、大きさもわかっていたからでしょう。

 

あとは組み上げた枠に取り付けたスダレを、メダカ水槽の場所に運んで立てかけるだけです。

今日は立てかけただけですから、風の強い場合の対策はしていません。

当然、しっかり固定する必要がありますので完全な仕上がりとはいえませんが、まずはこの形で行こうと思います。

今日は風が無いので、とりあえずの設置です。

雨や曇りの日には、巻き上げて仕舞うことが出来るように工夫することが必要です。

sponsord link




暑い日が続いているおかげで、産卵も活発です。

オロチメダカや極龍メダカそれに幹之メダカの産卵が活発ですが、残念ながら紅メダカがあまり産んでくれません。

産卵床に卵は産み付けているのですがとても少なく、抱卵しているメダカも見受けないので残念です。

抱卵しているメダカを見つけ、手動で採卵しようと考えているのですが・・・。

上の写真は、ガンバさんから頂いた産卵床に、しっかり産み付けられたオロチメダカの卵です。

以前にも書いたと思うのですが、今月いっぱい採卵しようと思っています。