今日は久しぶりに晴れた日でしたが、陽が射していたのは昼前後だけでした。

でも、熱い(27℃)1日でしたね。

陽が射すちょっと前(10:10頃)の水温は、22℃でした。

その後、玄関先はもちろん軒下のメダカ水槽にも日が差し込み、メダカにとっては急な温かさでビックリしたでしょうね。

そのときの水温は32℃ほどでしたので、私も驚いて玄関先の水槽には蓋を半掛にしました。

軒下は短時間の日照なので、そのままの状態でやり過ごしました。

 

今までは発泡スチロール水槽での飼育をしていましたが、プラスチック水槽に交換している途中なんです。

初めはもちろん綺麗な水槽の壁面なんですが、約1週間くらいの間に壁面に緑苔が付着してきます。

立ち上げたばかりのプラスチック水槽は、もちろん綺麗なんですが結構差が出ていますね。

そろそろ、苔が付着し始めた水槽です。

こうして壁面が、ドンドン緑色に覆われていきます。

飼育水の汚れは無いのですが、やはり気持ちの良いものではないですね。

でも、こうした一定の時間が経つと先ほどのような汚れになるので、定期的な掃除を行うことを考えると良いかも知れません。

 

そこで、今日はプラスチック水槽の壁面をスポンジで擦り、苔を取りました。

擦り取った苔は、当然水中に漂うわけですが、このまま1日底砂へと沈むのを待ちます。

その後、底砂にあるメダカの糞等の汚れと一緒に清掃するわけです。

以前にブログにも載せていた用具を使って、底砂を中心に綺麗にしてやります。

やり過ぎると、バクテリアが少なくなるのでほどほどですね。

掃除のしやすさを考えると、発泡スチロール水槽とは比べものにならないくらい楽です。

といった扱いやすさですが、あとはどれだけプラスチック水槽の耐用性があるかが問題でしょうか。

 

別の話題になりますが、玄関にある水槽のフネアマ貝が活動をしています。

全部で4匹のフネアマ貝を投入しているのですが、見るのはいつも2匹だけです(上の貝の真下にいるのですが、うまく写っていませんね)。

残りの2匹は、底砂に潜っているのでしょうか。

たぶん★になっていると判断しているのですが、確認したくないのでソッとしています。

 

もう一つ・・・。

待望の姫スイレンが、花を咲かせました。

暖かい陽射しが良かったのかも知れませんね。

滅多に見られないので、感激です。

 

梅雨明けはまだ先のようですが、ここ2~3日は気候が良さそうな予報です。

次の作業は、先ほど述べたフネアマ貝のいる玄関内の水槽を外に移動することでしょうか。

移動といっても生体だけの移動で、ガラス水槽は片付けるつもりです。

あっ、先日もブログで書いていましたね。

まだ烏城三色メダカの針子が、もう少し成長してからって・・・。

この晴れ間を利用してと考えて、構想の中にありましたがちょっと無理そうでした。

sponsord link




いずれにせよ、まだまだやらなければならないことが結構残っています。

一つ一つ片付けていかなければならないのですが、やることが多すぎてくたびれてきますね。

でもブログネタとして、不足しないので反面喜んでいる次第です(苦笑)。