オロチメダカが、産卵床に卵を産み付けないので手動です。

2 min 1 views

梅雨とは思えないような天気がここ最近続いていて、メダカの世話がし易いですね。

もちろん他にも、朝晩の愛犬の散歩に、カッパを着なくてよいので嬉しい限りです。

早朝から、鳥のさえずりが激しく聞こえてくるので、ちょっと不安になります。

被害に遭った形跡はないのですが、鳥(たぶんスズメです)の羽があちこちに落ちているのは不気味です。

網をかけて、対策をしたいと思っています。

 

天気がよい日は朝の気温はやや低めですが、といっても水温は7:00過ぎで20℃をやや下回る程度(19℃くらい)です。

今年の梅雨前の状況からすれば低いのですが、例年の気温に戻ったということでしょう(梅雨前が暑すぎで、真夏日や夏日が多すぎでしたから)。

この時期ハズレな気温の変動に、メダカも人も振り回されて大変ですね。

ましてや、私たちには「新型コロナ」の重圧も大きいですから・・・。

今後もしばらくよい天気が続く予報(気温は30℃前後で晴れるようです)になりそうですから、リセット等の水草管理のやり残した部分を急がなくっちゃ!

 

いつも10:00過ぎに給餌をするのですが、その前に産卵床を点検しました。

紅メダカや烏城三色メダカは、少ないものの卵を産卵床に産み付けています(あまり多くはなく、数粒といったところです)。

オロチメダカの産卵床にはいつも産み付けられていないので、今日もないのかなと思っていたところ1個だけありました。

それはとても嬉しいのですが、以前にも書いていたように1個だけというのは不自然なのです。

 

オロチメダカの水槽をしばらく眺めていると、見つけました・・・。

お腹に卵をくっつけて、泳いでいるオロチメダカに。

産卵床に、うまく産み付けることができないのでしょうか(なぜかわかりませんが、メダカに聞かないと:笑)。

 

なので、ちょっと乱暴な感じでしたが手動で採卵しようと考えたんです。

メダカへの負担を考えると手動での採卵はしたくなかったのですが、このまま落として他のメダカに食べられるのは残念です。

何とか、4個を取り外しましたが、「ごめんね」といった気持ちでしたね(きっと負担が多いでしょうから)。

sponsord link






産卵床を入れていない水槽は、現在匹数が結構多いので今年は採卵しないことに決めています。

例年のことですが、夏にはどのメダカもたくさん産卵してくれるのですが、意外に少ないのが産卵床を浮かべている水槽のメダカたちです。

どのメダカを増やしたいとかというメダカに対する偏見(きっぱり!!)はありませんが、例年を見ると産卵床を浮かべているメダカたちがあまり産まないのです。

ですから、あまり産んでくれないメダカたちに焦点を合わせ、採卵しようとしているわけです。

決して、品種による差別はしていません(笑)。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)