今日も夏日で、雨予報でしたが晴れました。

水温も高く、7:00頃から20℃近くありました。

そろそろ梅雨時期に入ると思うのですが、まだ間がある感じです。

梅雨に入る前に、いろいろなメダカ飼育のための作業を終えておきたいですね。

 

水槽に入れる水草は、ペットショップにはいろいろあります。

メダカを飼育するためには、当然メダカに良い水草をと考えているわけです。

でも、基本的には自分の好みになるかも知れませんね。

 

私は、スッキリとしたイメージの水草が好きなので、カモンバにしています。

ただ、お店のカモンバは外国産だそうで、アナカリスもそうでした(国産もあるんでしょうが、ここのは外国産でした)。

どちらかというと、カモンバの風情が爽やかな印象なので好きなんです。

今日購入したのですが、残念ながら2本しか無く、次の仕入れはしばらくあとになるということで、アナカリスも購入しました。

マツモは国産であったのですが、水に浮かんでの使用になるわけです(それが嫌なんです)。

おもりを付けて、底砂に置けばそれなりに整頓ができますが・・・。

 

カモンバも、成長すると水槽一杯に広がり鬱陶しくなるくらいになります。

もちろん、上手に刈り込んでやればいいことなんですが。

 

写真に写っているのは、1週間以上前から他の容器で保存していたアナカリスです。

というのも次に述べたことが原因で、用心して期間をおいて投入しています。

 

以前に、購入した水草からだったかどうかわからない(でも、これが原因としか思い浮かばなかったんです)のですが、ヤゴが2匹水槽内にいたんです。

ヤゴは、メダカを捕食します。

そのときは、屋内のガラス水槽でのメダカ飼育だったので、一日に何度も水槽を眺めていたので発見が早かったんです。

それからは、購入した水草(お店では1週間前の仕入れなので)は、一端10日間ほど他の容器で保管してから水槽に投入しています。

醜い姿なので、一瞬ゾッとしたことを覚えています。

購入した時期的なことも関係していると思うのですが、今の季節であればそうしたことはないと思います。

そうしたこともあり、購入した水草は期間をおいて投入しています。

 

ホテイアオイもよく使っていたのですが、根が伸びすぎてメダカが根に絡まり★になっていたことがあります。

それ以来、使用しなくなりました。

メダカの産卵期には、よく根に卵を産み付けてくれるのでよい水草だと思うのですが・・・。

 

他にも、ウイローモスやアマゾンフロッグビット(根が伸びすぎて止めました)やドワーフフロッグビット(アマゾン・・・とよく似ていますが、根が短いんです)等々、いろいろな水草を使ってきました。

しかし、先ほどから書いているように、一番スッキリしていると感じたのはカモンバでした。

sponsord link





他には、姫スイレンも水槽に鉢に植え沈めています。

姫スイレンは、そこそこ寒さには適応しているんですが、昨冬は冷たさで溶けて?無くなりそうになったので、室内へ避難させました。

何とか、復活してくれたので喜んでいます(値段が若干高いので、嬉しかったですね)。