今日の気温は19℃あったのですが、もう少し暖かい日かなと思っていました。

でも、先日からの夏日(30℃ほど)と比べてずいぶん低い気温でし、曇り空がなおさらに肌寒いと感じさせたのでしょうね。

(朝、7:30頃の水温です。陽が照っていないので、玄関先および軒下はほとんど同じ水温ですね。)

数日後には、再び20℃を超える日がやってくる様なので、メダカにとってはますます過ごしやすくなってくるようです。

 

数日前に給餌しても、いくつかの水槽には食べ残し?があるようだと述べました。

昨日までは水温が高かったのですが、水面には餌が浮いていたんです。

きっと与えすぎかも知れないなと思い、今日はいつもより量を減らしてみました。

 

昨日より気温・水温が低い日だったのに、一品種を除き全てが完食していました。

また、元気に泳いでいます。

 

水面に食べ残しのあったのは、紅薊メダカです。

それもそのはず・・・5匹しかいないのに、他の水槽より少ないのですが、確かに5匹の給餌量としては多いと感じました。

よく言われている給餌量は、5分くらいで食べ尽くす量ですよね。

適当な与え方をしていたと、あらためて反省をしました。

 

以前にも書いていたのですが、与える量が少ないと可哀想な気がついついしてしまうんです。

しかし、与えすぎると水質悪化になるということもわかっているのですが・・・。

もっと、気持ちを強く持たないと(何度も反省しているのに、直っていない)。

 

飼育暦は長いとはいえませんが、それなりに勉強しながらいるつもりでも、メダカが腹を空かせるのは忍びないと感じてしまうんです。

「メダカが可愛いのなら、食べる様子を観察しなさい。」と叱られそうですね。

メダカが病気になったり、藻の繁殖が激しくなったりしてからの状況を考えると、その方がもちろん大変なんですが・・・。

今日の与えた量と、食べている時間を計る必要がありそうです。

一度計測すれば与える量もわかり、水質悪化も防げるのに!!

十分、反省しています!!

 

屋内(玄関内)のメダカ水槽ですが、加温を17~18℃にしています。

電源は、もう切っても良いかなと感じています。

屋外とほとんど変わらない状況ですし、陽が射すと逆転する場合もあるほどです。

ミナミヌマエビともども屋外に移動させるつもりですが、ちょっと悩んでいるのがフネアマ貝です。

sponsord link





発泡スチロール以外の水槽(プラスチック製)もありますので、そちらで再度メダカと一緒に過ごさせようと考えてはいるのですが。

でも、外へ出て行きそうな気がしています。

プラスチック水槽に、工夫をする必要がありそうですね。

その様子は、またこのブログで紹介できればと考えています。